レッズ秋山翔吾、代打で鮮やか中前タイムリー メジャー初打席初安打初打点

MLB初打席初安打を放ったレッズ・秋山翔吾【写真:AP】
MLB初打席初安打を放ったレッズ・秋山翔吾【写真:AP】

6回に代打で登場し、中前適時打を放った

■レッズ – タイガース(日本時間25日・シンシナティ)

 レッズの秋山翔吾外野手は24日(日本時間25日)、本拠地で行われたタイガース戦に代打で出場。6回の好機で中前適時打を放ち、メジャー初打席初安打初打点をマークした。

 4-1で迎えた6回2死一、二塁で1番・アービンの代打として登場した。2番手右腕シスネイロの150キロ超の直球をファウルでカットし、1ボール2ストライクからの6球目。96.2マイル(約154.8キロ)を中前適時打とした。7回守備からは左翼の守備へついた。

 当初から約4か月遅れた開幕戦。この日はベンチスタートとなったが、いきなりバットで存在感を見せた。

【動画】代打で155キロ直球をセンター返し! レッズ秋山翔吾がメジャー初打席初安打初打点を記録した実際映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY