大谷翔平、今季初安打も延長タイブレークサヨナラ負け エ軍は7年連続開幕黒星

開幕戦に「3番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
開幕戦に「3番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

第1打席でチーム初ヒットとなる中前打を放つも5打数1安打だった

■アスレチックス 7-3 エンゼルス(日本時間25日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地で行われたアスレチックスとの開幕戦で「3番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で中前打を放って今季初打席初安打をマークした。試合は延長戦となり、無死二塁から始まる延長タイブレーク制を初導入。大谷は二塁走者に入って勝ち越し生還が期待されたが、先頭ウォルシュの一ゴロの間に二、三塁間で挟まれてタッチアウトとなった。チームは延長10回に内野手5人シフトも実らず、3-7でサヨナラ負けを喫した。開幕戦は7年連続で黒星スタート。

 大谷は初回1死一塁では剛腕モンタスの96マイル(約154キロ)のツーシームを中前へ。バットを折りながらもライナーで打ち返した。3回1死一塁は2球で追い込まれて遊ゴロ。5回1死一塁はこの回から救援した2番手ペティートの初球チェンジアップを打って遊ゴロだった。8回先頭は5番手左腕ディークマンと対戦し、左飛だった。カストロのソロで同点に追いついた9回の第5打席は、トラウトの申告敬遠で迎えた2死満塁で空振り三振に倒れた。5打数1安打だった。

 チームは4回にグッドウィンの右前適時打で先制。1-1で迎えた同点の7回にはフレッチャーの中犠飛で勝ち越した。先発のヒーニーは4回2/3で6奪三振2安打1失点。1点差の9回にカストロの一発で3-3に追いついたが、特別ルールで行われた延長10回無死二塁の好機をいかせなかった。マドン監督は延長10回1死二、三塁の守備から内野手5人シフトを敷いたが、同満塁からオルソンにサヨナラ満塁弾を喫した。

 チームは大谷が26日(同27日)の開幕3戦目で先発登板すると発表。2018年10月の右肘のトミー・ジョン手術後初の公式戦登板で、同年9月2日(同3日)のアストロズ戦以来693日ぶりとなる。「100の状態で貢献したいと思ってますし、60試合なので最初から最後までしっかり飛ばしていきたい」と話している大谷。2年ぶりの二刀流復活に期待がかかる。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY