野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム杉谷が2号ソロに絶叫「おっしゃー!」 敵地も拍手、石橋貴明さんも祝福

日本ハムの杉谷拳士内野手が今季2本目の本塁打を放った。敵地PayPayドームでのソフトバンク戦。6回の第3打席で中越えのソロ本塁打を放った。

日本ハム・杉谷拳士【写真:石川加奈子】
日本ハム・杉谷拳士【写真:石川加奈子】

6回に石川から中堅フェンスの本塁打識別線の上に当たるソロ本塁打

■ソフトバンク – 日本ハム(25日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 日本ハムの杉谷拳士内野手が今季2本目の本塁打を放った。敵地PayPayドームでのソフトバンク戦。6回の第3打席で中越えのソロ本塁打を放った。

 杉谷の快音に敵地のファンでさえも沸いた。4点ビハインドで迎えた6回、先頭で打席に入ると、1ストライクからの2球目を捉えた。石川のフォークをはじき返した打球は中堅・柳田の頭上を越え、フェンスの上部に描かれた本塁打識別線の上に当たった。1点を返す2号ソロ本塁打となった。

 そのキャラクターで人気を誇る杉谷の一発には敵地にも関わらず、ホークスファンからも歓声と拍手が上がった。杉谷はホームベースを踏むと「おっしゃー!」と絶叫。杉谷は6月27日の楽天戦で今季1号のソロ本塁打を放っており、これが今季2本目の本塁打。出場16試合ぶりの一発で今季の打率は.286になった。

 この一発には年末恒例の「リアル野球盤」で共演する帝京高の先輩である「とんねるず」の石橋貴明さんもすぐさま反応。自身のツイッターで「大変大変杉谷さんホームラン!」と呟き、後輩の本塁打に歓喜していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」