野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • エンゼルスが今季初白星 27日は大谷翔平が693日ぶり先発「楽しみ」

エンゼルスが今季初白星 27日は大谷翔平が693日ぶり先発「楽しみ」

エンゼルスは25日(日本時間26日)、敵地でアスレチックス戦を戦い、4-1で勝利した。26日(同27日)に693日ぶりに公式戦に登板する大谷翔平投手は出場しなかった。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

エンゼルスはアスレチックスに4-1で快勝し今季初白星

■エンゼルス 4-1 アスレチックス(日本時間26日・オークランド)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスは25日(日本時間26日)、敵地でアスレチックス戦を戦い、4-1で勝利した。26日(同27日)に693日ぶりに公式戦に登板する大谷翔平投手は出場しなかった。

 エンゼルスは4回にアップトンのソロで先制すると、5回にはシモンズ、フレッチャーの適時二塁打で3点を追加した。投げては、移籍後初先発した新加入のバンディが7回途中3安打1失点、7奪三振の好投を見せて快勝し、今季初勝利を飾った。

 1勝1敗として迎える26日(同27日)の3戦目には大谷が先発。2018年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた右腕にとっては同年9月2日(同3日)のアストロズ戦以来の公式戦登板で、この日のアスレチックス戦前には「不安もあるし、楽しみもある。デビュー前はどれくらいできるのかなというのにフォーカスしていましたけど、今はどれくらい自分が持っているものを取り返せているのかなと思っている」と語った。

 この試合はベンチメンバーには入っていたものの、出場はなし。693日ぶりの登板に備える形となった。「まず雰囲気、実際の感覚だったりが大事かなと思っています。投げてみないと感覚というのは戻ってこないと思う。制球力ある日とない日はありますし、制球力が改善されたといってシーズン中に四球を出さないかといえばそうではない。付き物ですし、結果的に勝てればいいと思っています」と語る大谷。いよいよ“二刀流”完全復活となる投手としての復帰戦に臨む。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」