野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ鳥谷、移籍後初適時打に吠えた! フェンス直撃打にファン歓喜「まさに芸術」

25日に敵地メットライフドームで行われた西武戦に快勝したロッテ。先発の種市篤暉投手が完封勝利をあげた一戦で、勝利を決定づける一打を放ったのが、阪神から今季ロッテに加入したベテランの鳥谷敬内野手だった。

ロッテ・鳥谷敬【画像:パーソル パ・リーグTV】
ロッテ・鳥谷敬【画像:パーソル パ・リーグTV】

25日の西武戦で8回に移籍後初適時打を放ったロッテ鳥谷

■ロッテ 5-0 西武(25日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 25日に敵地メットライフドームで行われた西武戦に快勝したロッテ。先発の種市篤暉投手が完封勝利をあげた一戦で、勝利を決定づける一打を放ったのが、阪神から今季ロッテに加入したベテランの鳥谷敬内野手だった。

 2点リードで迎えた8回1死一、二塁のチャンスで、この日守備固めとして途中出場していた鳥谷に打席が回った。1ボールからの2球目。西武のドラフト1位ルーキー宮川哲投手が投じたストレートを弾き返すと、打球は前進していた左中間の真ん中を破り、フェンスに直撃した。

 2人の走者が次々に生還し、鳥谷自身も送球間に三塁まで進塁。クールな印象の強い鳥谷だが、三塁ベース上で雄叫びをあげた。この一打がロッテ移籍後初の適時打となり、続く井上の適時打で5点目のホームも踏んでチームの勝利に貢献した。

 この一打を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeも動画で紹介。「【歓喜の雄叫び】鳥谷敬 フェンス直撃タイムリー2塁打」と題して公開すると、ファンからも「鳥谷さんさすがっす」「熱い鳥谷が見られてとても嬉しいです」「まだ逆方向にこんなに伸びていくんやな」「鳥谷打ったのは嬉しい」「鳥谷の反対方向はまさに芸術」と歓喜のコメントを寄せていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」