一度はイップスで引退も… ロ軍右腕が2646日ぶりメジャー登板で2979日ぶり白星

2番手で登板し白星を掴んだダニエル・バード【写真:AP】
2番手で登板し白星を掴んだダニエル・バード【写真:AP】

ロッキーズの35歳右腕バードは25日のレンジャーズ戦で勝利投手に

■ロッキーズ 3-2 レンジャーズ(日本時間26日・テキサス)

 ロッキーズのダニエル・バード投手が実に2646日ぶりのブランクを経てメジャーのマウンドに復帰し、2979日ぶりに勝利投手になった。

 25日(日本時間26日)に敵地で行われたレンジャーズ戦。バードは1点をリードした5回途中から先発のグレイのあとを受けて2番手で登板した。イップスのためにメジャーのマウンドから離れていた右腕にとって、これがレッドソックスに在籍していた2013年4月27日のアストロズ戦以来、7年、2646日ぶりのメジャーのマウンドとなった。

 最速99マイル(約159キロ)のファストボールを軸に、2安打を許したものの、1回1/3を無失点に封じたバード。チームはそのまま勝利して白星をマークした。メジャーでの勝利となると2012年5月29日のタイガース戦まで遡ることになり、2979日ぶりの白星だった。

 2006年のドラフト1巡目(全体28位)でレッドソックスに指名されたバード。2009年にメジャーデビューを果たすと、2011年には中継ぎとして70試合に登板した。だが、2013年以降、イップスに悩まされてメジャーのマウンドから遠ざかった。

 その後、カブス、レンジャーズ、パイレーツ、カージナルス、メッツと渡り歩き、2018年に一旦は現役を引退し、ダイヤモンドバックスのメンタルトレーニング部門のスタッフに就任。今年、現役復帰してロッキーズとマイナー契約を結び、7月17日にメジャー契約を結んでいた。

【動画】2646日ぶりのメジャー登板で2979日ぶり勝利! ロッキーズの35歳右腕バードが投じた159キロの映像

RECOMMEND

CATEGORY