大谷翔平、693日ぶり投手復帰も黒星 1死も取れず5失点で“防御率∞”スタート

アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
アスレチックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

日米通じて自己最短KO、直球の最速152.4キロだった

■アスレチックス 6-4 エンゼルス(日本時間27日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、開幕3戦目の敵地・アスレチックス戦で今季初登板初先発した。2018年10月の右肘のトミー・ジョン手術後初、693日ぶりの公式戦登板だったが、初回1死も取れずに3四球3安打5失点で降板した。フォーシームの最速は152.4キロ。チームは4-6で敗れ、大谷は今季初黒星を喫した。

 立ち上がりから制球に苦しんだ。先頭・セミエンの中前打、ラウレアーノとチャップマンの四球で無死満塁のピンチを招いた。オルソンに押し出し四球を献上。カナには右前2点打を浴び、続くグロスマンには右前適時打を許した。ここで降板。30球を投げてストライク15球。1死も取れずに3四球3安打5失点だった。日米を通じてプロワーストの投球となった。

 チームはトラウトが3回無死一、二塁から左越え1号3ランを放つと、5回無死一、三塁では中犠飛を放って一時1点差に迫った。フレッチャーは4安打を放ったが、反撃は及ばなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY