野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武栗山&中村の好調は「リーグV3の鍵を握る」 37歳コンビの記録ラッシュ

西武は26日のロッテ戦(メットライフドーム)で栗山巧外野手&中村剛也内野手のチーム野手最年長コンビの活躍で勝利。首位ソフトバンクにわずか1ゲーム差の3位につけている。週明けの28日からは、敵地でそのソフトバンクと6連戦が控えているが、ベテラン2人の“記録達成ラッシュ”がチームの勢いに拍車をかける。

26日のロッテ戦でお立ち台に立つ西武・栗山巧(左)と試合前の中村剛也【写真:宮脇広久】
26日のロッテ戦でお立ち台に立つ西武・栗山巧(左)と試合前の中村剛也【写真:宮脇広久】

中村は本拠地200号本塁打、通算350二塁打達成の栗山はいよいよ2000安打

■西武 4-2 ロッテ(26日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武は26日のロッテ戦(メットライフドーム)で栗山巧外野手&中村剛也内野手のチーム野手最年長コンビの活躍で勝利。首位ソフトバンクにわずか1ゲーム差の3位につけている。週明けの28日からは、敵地でそのソフトバンクと6連戦が控えているが、ベテラン2人の“記録達成ラッシュ”がチームの勢いに拍車をかける。

 この日、7番・左翼で先発出場した栗山は、2回1死一、三塁の好機に右中間を破り、通算350二塁打(史上45人目)を先制タイムリーで飾った。さらに1点ビハインドの6回には、6番・中村の右中間への同点適時二塁打に続き、栗山も“351本目”の決勝二塁打を放った。

 辻監督が「栗山と中村が元気であることが、リーグ3連覇の鍵を握るというくらい大事な選手」と評する通り、この2人はチームの精神的支柱である。ともに西武一筋プロ19年目で、今年37歳になるチーム野手最年長。リーダーシップの権化のような栗山と、泰然自若としてどこかユーモラスな雰囲気を漂わせる中村のコンビは、絶妙にバランスが取れている。

 栗山は春季キャンプの頃、39歳の松坂の加入を「僕とおかわり(中村)にとって、先輩がいてくれるのはありがたい。最年長と言われるより、若くいられますから。野手では僕らが最年長で、ちょっと下の世代というのもいない。(外国人のメヒアを除くと)次の木村、森越も5歳下です」と歓迎していた。が、結局松坂も、38歳の内海も、開幕1軍に名を連ねることはできず、栗山と中村が先頭に立つ格好となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」