野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日福、13試合連続無失点から一転… 元同僚だからこそ分かる“異変”とは?

中日は26日、本拠地のナゴヤドームで阪神に3-9で逆転負けを喫した。序盤からリードする展開だったが、7回途中から登板した福敬登投手が誤算。イニングをまたいだ8回に同点に追いつかれ、降板した直後にチームは勝ち越しを許した。開幕から13試合連続無失点から一転、直近の登板3試合で2敗を喫して安定感を失っている左腕を、元チームメートはどう見たのか。

中日・福敬登【写真:荒川祐史】
中日・福敬登【写真:荒川祐史】

26日の阪神戦で福は7回途中から登板し同点に追い付かれるなど1回3失点

■阪神 9-3 中日(26日・ナゴヤドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 中日戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 中日は26日、本拠地のナゴヤドームで阪神に3-9で逆転負けを喫した。序盤からリードする展開だったが、7回途中から登板した福敬登投手が誤算。イニングをまたいだ8回に同点に追いつかれ、降板した直後にチームは勝ち越しを許した。開幕から13試合連続無失点から一転、直近の登板3試合で2敗を喫して安定感を失っている左腕を、元チームメートはどう見たのか。

「いつもみたいに腕が振れてなかったと思います。打たれるのを嫌がって、手先で操ろうとして置きに行っている印象がありました」

 外野手として中日で昨季まで5年間プレーした友永翔太氏は、勝負の分水嶺となったマウンドを振り返る。キャンプなどでは打席に立って投球を見てきた元同僚なだけに、違いはよく分かった。

 福は、7回2死二塁の場面で登板。迎えた阪神の1番・近本光司外野手に中前打を許すも、中堅・大島洋平外野手の本塁へのストライク返球で難を逃れた。単打と四球で無死二塁の窮地を招いた8回は、4番・大山悠輔内野手を三ゴロ併殺打に仕留めて事なきを得たかと思ったが、直後に暗転。続くジャスティン・ボーア内野手に四球を与えて一、二塁とすると、福留孝介外野手に外角寄りの142キロ直球を左前に弾き返され、同点にされた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」