野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

早実が逆転で初陣勝利 2年生4番・清宮福太郎の公式戦1号場外弾含むチーム5発

高校野球西東京大会の1回戦が各地で行われ、日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で早実2年の清宮福太郎外野手が27日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた八王子との名門対決で「4番・左翼」で先発出場し、4回の第2打席で左翼へソロを放った。チームでは5本塁打が飛び出し、終盤に猛攻を見せ、8-6で逆転勝利した。

4回の第2打席にソロホームランを放った早実・清宮福太郎(右)【写真:荒川祐史】
4回の第2打席にソロホームランを放った早実・清宮福太郎(右)【写真:荒川祐史】

昨秋出場辞退で今春は大会が中止、名門・早実は初陣だった

 高校野球西東京大会の1回戦が各地で行われ、日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で早実2年の清宮福太郎外野手が27日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた八王子との名門対決で「4番・左翼」で先発出場し、4回の第2打席で左翼へソロを放った。チームでは5本塁打が飛び出し、終盤に猛攻を見せ、8-6で逆転勝利した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 清宮は1-3の4回、先頭打者で打席へ。八王子の先発・溝口雄大の3球目を左翼場外へ追撃の本塁打を放った。その後、2点を加えられるが、2-5の8回には主将の2番・梅村大和内野手が2ラン、続く3番・宇野竜一朗外野手のソロで2者連発。同点に追いついた。その裏、1点を返されるも、9回に1番・北村広輝内野手が逆転の2ラン。一発攻勢で、西東京大会屈指の好カードを制した。

 今カードは4回もの雨天順延を挟んでようやく行われた試合となった。また、早実は部内の不祥事で昨秋の東京大会を辞退。春季大会は新型コロナウイルスの感染拡大で中止となっていたため、今夏が新チームの公式戦初陣となっていた。2年生の清宮も待望の公式戦で一発を放つなど、苦難を乗り越えてのチーム1勝となった。

(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」