野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

早実・清宮福太郎が公式戦1号場外弾 2年生での4番出場に「看板背負ってる」

高校野球西東京大会の1回戦が各地で行われ、日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で早実2年の清宮福太郎外野手が27日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた八王子との名門対決で「4番・左翼」で先発出場。4回の第2打席で左翼へソロを放った。チームも5本塁打が飛び出すなど終盤の猛攻で、8-6で逆転勝利した。

4回の第2打席にソロホームランを放った早稲田実・清宮福太郎【写真:荒川祐史】
4回の第2打席にソロホームランを放った早稲田実・清宮福太郎【写真:荒川祐史】

昨秋出場辞退で今春は大会が中止、名門・早実は初陣だった

 高校野球西東京大会の1回戦が各地で行われ、日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で早実2年の清宮福太郎外野手が27日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた八王子との名門対決で「4番・左翼」で先発出場。4回の第2打席で左翼へソロを放った。チームも5本塁打が飛び出すなど終盤の猛攻で、8-6で逆転勝利した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 清宮は1-3で迎えた4回、先頭打者で打席へ。八王子の先発・溝口雄大の3球目を左翼場外へ運ぶ追撃の本塁打を放った。2-5で迎えた終盤8回には主将の2番・梅村大和内野手が2ラン、続く3番・宇野竜一朗外野手のソロで2者連発。これで同点とするとその裏に1点を返されるも、9回に1番・北村広輝内野手の2ランで逆転。一発攻勢で西東京大会屈指の好カードを制した。

「まず、こういう状況のなかで試合ができてることに感謝しながらプレーしました。(本塁打は)とりあえずインコースを打とうと思っていて、インコースが来たので打ったという感じ」と清宮。2年生ながら早実の4番を背負うことについては「世間的にも大きな看板を背負ってる。4番である以上、その看板に泥を塗らないよう頑張りたい」と話し、次戦に向けては「今日と一緒で最後まであきらめず、一球一球に集中したいです」と語った。

(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」