野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

国学院栃木、甲子園中止が生んだ“対応力” 10人継投&29人起用の理由

栃木の高校野球大会が26日、栃木県営球場などで開催され、国学院栃木が、6-2で宇都宮南を破り、3回戦に駒を進めた。柄目(つかのめ)直人監督は、大会規定の7回を10人の投手リレーで勝利のバトンをつないだ。

国学院栃木・柄目直人監督【写真:上野明洸】
国学院栃木・柄目直人監督【写真:上野明洸】

投手10人、計29人の選手起用で宇都宮南に快勝

 栃木の高校野球大会が26日、栃木県営球場などで開催され、国学院栃木が、6-2で宇都宮南を破り、3回戦に駒を進めた。柄目(つかのめ)直人監督は、大会規定の7回を10人の投手リレーで勝利のバトンをつないだ。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 打線は初回に2つの四死球でチャンスを作ると、5番田邉卯為、6番黒宮真幸、8番古賀海秀の適時打で4点を先制し、試合の主導権を握った。先発したのは落合勇斗、1回を投げ終えるとすぐさま2番手増野綾人にスイッチ。3回には1死ごとに投手を変え、5回にはプロ注目の大型右腕シャピロ・マシュー・一郎が7番手でマウンドに上がり1回無失点。続く6回には、こちらもスカウトが注目する最速147キロ右腕の神山陽登がマウンドに上がり、1回1/3を投げ1失点。直球は最速145キロを記録した。7回1死からは再度1死ずづ投手を変え、計10投手の継投で宇都宮南に快勝した。

 10人継投に加え、野手も含めると計29人の選手を起用した国学院栃木。柄目監督は「10人使ったのは初めてかな」交流試合規定でベンチメンバーの数が増えたことも要因ではあるが、10投手継投の意図を問われると「彼らが伸びてきたので投げさせてあげたかった」と答えた。

 新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園大会が中止になったことについては、「正直生徒になんと言っていいか分からなかったですね」と振り返った。しかし、生徒が前向きに練習している姿を見て、「生徒は言いませんけど『監督前向いていこうよ』というように見えたので。自分も含めて“鍛えよう”と思った」と生徒たちの姿に感銘を受けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」