コロナ禍が影響? メジャーで史上初の珍記録、全30球団の先発が1人も7回を投げ切れず

ともに初回で降板したレンジャーズのクルーバー(左)とエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
ともに初回で降板したレンジャーズのクルーバー(左)とエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

27日はメジャーリーグで全15試合が行われたが先発投手が1人も7回を投げ切れず

 メジャーリーグは26日(日本時間27日)、エンゼルスの大谷翔平投手が今季初登板初先発するなど全15試合が行われた。この日はMLB全30球団の先発投手が7回を投げ切れず降板しており、これはメジャー史上初の出来事だった。

 この日の先発投手で最長イニングを投げたのはタイガース戦に登板したレッズのトレバー・バウアー投手とヤンキース戦に登板したナショナルズのパトリック・コービン投手の6回1/3イニングだった。

 データを専門に扱う米国のスポーツテクノロジー会社「スタッツ・パフォーム」の公式ツイッター「スタッツ・バイ・スタッツ」によると、全ての球団が試合をした日で先発投手が1人も7回を投げ切れなかったことは、MLB史上初めてのことだという。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、メジャーリーグは開幕が大幅に遅れた。各選手たちの調整に影響が出たことも“珍記録”が生まれた一つの要因かもしれない。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY