野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

好調のオリックスを吉田正が牽引、ロッテ種市が完封…パ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月20日から7月26日までの開幕第6週を終えて、各球団が30試合超を消化した。8月からの観客数の上限引き上げは先延ばしとなったが、連日、熱戦が繰り広げられていた。

オリックス・吉田正尚(左)とロッテ・種市篤暉【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田正尚(左)とロッテ・種市篤暉【写真:荒川祐史】

オリックスが4勝1敗1分で楽天に大きく勝ち越した第6週

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで開幕を迎えたプロ野球。7月20日から7月26日までの開幕第6週を終えて、各球団が30試合超を消化した。8月からの観客数の上限引き上げは先延ばしとなったが、連日、熱戦が繰り広げられていた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ここでは、この7月20日から7月26日までのプロ野球第6週の選手成績を検証し、Full-Count編集部独自に週間ベストナインを選出した。第6週を終えてパ・リーグは順位が変動する1週間となった。

【パ・リーグ現在の順位表】
↑1 ソフトバンク 33試合18勝14敗1分
↓2 楽天 32試合17勝14敗1分 0.5
↑3 西武 31試合16勝14敗1分 0.5
↓4 ロッテ 32試合16勝16敗0分 1.0
↑5 オリックス 33試合13勝17敗3分 2.0
↓6 日本ハム 33試合13勝18敗2分 0.5

【第6週パ・リーグ】
1 オリックス 4勝1敗1分
2 西武 4勝2敗0分
3 ソフトバンク 3勝3敗0分
3 日本ハム 3勝3敗0分
5 ロッテ 2勝4敗0分
6 楽天 1勝4敗1分

 現在、同一カード6連戦を戦っているパ・リーグ各球団。第6週は最下位だったオリックスが、首位を走っていた楽天に4勝1敗1分と大きく勝ち越して最下位を脱出。日本ハムと3勝3敗だったソフトバンクが単独首位に浮上し、日本ハムが最下位に転落した。ただ、上位と下位の差がギュッと縮まる1週間となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」