野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

早実の2年生エース田和が完封 同級生コンビの清宮福太郎に「負けられない」

高校野球西東京大会は28日、市営立川球場で2回戦が行われ、早実が5-0で八王子実践を下し3回戦に駒を進めた。日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で2年の清宮福太郎外野手はこの日、「4番・左翼」で先発出場。4打数2安打1打点の活躍でチームの勝利に貢献した。

完封した早実・田和廉【写真:佐藤佑輔】
完封した早実・田和廉【写真:佐藤佑輔】

清宮福太郎は前日の1回戦で公式戦1号となる場外弾を放っていた

 高校野球西東京大会は28日、市営立川球場で2回戦が行われ、早実が5-0で八王子実践を下し3回戦に駒を進めた。日本ハム・清宮幸太郎内野手の弟で2年の清宮福太郎外野手はこの日、「4番・左翼」で先発出場。4打数2安打1打点の活躍でチームの勝利に貢献した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 前日の1回戦八王子戦で公式戦1号となる場外弾を放っていた清宮。2死三塁のチャンスで迎えた初回の第1打席では、暴投の間に走者が生還し1点を先制。その後右前打を放った。同じく無死満塁のチャンスで回った3回の第2打席は併殺打の間に三塁走者が生還し1点を追加。先頭打者で迎えた6回第3打席は遊飛に倒れた。1死一塁の7回第4打席では二塁後方へのポテンヒットに相手の中継が乱れ、一塁走者が生還。その後自身も暴投の間に5点目のホームを踏んだ。

 チームの意向で試合後本人の取材はなかったものの、この日八王子実践打線を5安打完封した2年生エースの田和廉投手は「(同じ2年生の)清宮が活躍しているぶん、自分も負けられない。堂々と打ってて頼りになるので、自分も堂々と投げようと」と相乗効果を口にする。この日8回を投げ早実打線から8奪三振を奪った八王子実践の後藤結人投手も「オーラというか怖さがあった。追い込んでも三振する感じがなかった」と証言した。

 持ち前の打棒炸裂とはならなかったものの、チーム5得点中4点に絡んだいぶし銀の活躍で勝利を呼び込んだ清宮。この先も4番としてチームを牽引する。

(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」