秋山翔吾、メジャー初の1番スタメンも無安打 8回代打を送られて途中交代

「1番・中堅」でカブス戦に先発出場したレッズ・秋山翔吾【写真:AP】
「1番・中堅」でカブス戦に先発出場したレッズ・秋山翔吾【写真:AP】

対左腕の8回に代打・アービンを送られた

■レッズ – カブス(日本時間29日・シンシナティ)

 レッズの秋山翔吾外野手は28日(日本時間29日)、本拠地のカブス戦で「1番・中堅」で先発出場した。メジャー初の1番スタメンだったが、3打数無安打。8回の打席で代打を送られた。

 193センチ右腕ミルズと対戦したが、初回は投ゴロ、3回は左直、6回は三ゴロと打ち取られた。8回、カブスのマウンドには3番手左腕ライアン。ここで代打アービンを出されて交代となった。打率.200。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY