大谷翔平、本拠地開幕で痛烈な適時二塁打 11打席連続無安打後に今季初打点

「5番・DH」で先発しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「5番・DH」で先発しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

今季初打席初安打から11打席連続無安打だった

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間29日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、マリナーズとの本拠地開幕戦で「5番・指名打者」で先発出場した。今季初の5番スタメン。11打席連続無安打で迎えた6回の第4打席で中越え適時二塁打を放ち、出場2試合ぶりの安打をマークした。これが今季初タイムリー、今季初打点となった。

 2回1死は遊ゴロ、3回2死満塁では二飛。5回1死は三ゴロに打ち取られていた。待望の一打は6回2死一塁。右腕グロツのシンカーを中堅フェンス直撃の適時二塁打とした。打者出場3戦目で今季初打点をマークした。打球速度は111.9マイル(約180キロ)と高速だった。

 開幕前、マドン監督は打者・大谷を3番で起用する方針を示していた。この日は2番からトラウト、戦列復帰のレンドン、アップトン、大谷のオーダーが組まれた。指揮官は「現時点で彼はスイングが取り戻せていない。今日はレンドンとアップトンの方を守りたかった」と説明した。2試合ぶり安打を復調へつなげたい。

【動画】大谷翔平、今季初タイムリーとなるフェンス直撃二塁打! 痛烈な打球の実際の映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY