秋山翔吾、カブス開幕投手撃ち右前打 2試合連続1番スタメンで3試合ぶり安打

カブス戦の3回に右前に安打を放ったレッズ・秋山翔吾【写真:AP】
カブス戦の3回に右前に安打を放ったレッズ・秋山翔吾【写真:AP】

開幕週MVPの技巧派右腕ヘンドリックスから右前へ打ち返した

■レッズ – カブス(日本時間30日・シンシナティ)

 レッズの秋山翔吾外野手は29日(日本時間30日)、本拠地のカブス戦で「1番・左翼」で2試合連続先発出場。3回の第2打席で右前安打を放ち、3試合ぶり安打をマークした。

 24日の開幕戦で完封勝利した右腕ヘンドリックスと対戦した。初回先頭の第1打席は空振り三振に倒れたが、3回2死一塁の第2打席で1番として仕事を果たした。2ボール2ストライクから右前へ打ち返し、同一、二塁に好機を広げた。打球速度は92マイル(約148キロ)。得点にはつながらなかった。

 秋山はメジャー初の1番スタメンだった前日カブス戦は無安打だった。これが“1番スタメン初安打”となった。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY