秋山翔吾、第5打席で不運すぎるトリプルプレー メジャー初マルチ安打もまさかの珍事

カブス戦で不運すぎるトリプルプレーを記録したレッズ・秋山翔吾【写真:AP】
カブス戦で不運すぎるトリプルプレーを記録したレッズ・秋山翔吾【写真:AP】

開幕週MVPの技巧派右腕ヘンドリックスを攻略、メジャー初得点も記録した

■レッズ – カブス(日本時間30日・シンシナティ)

 レッズの秋山翔吾外野手は29日(日本時間30日)、本拠地のカブス戦で「1番・左翼」で2試合連続先発出場。3回の第2打席で右前安打を放って3試合ぶり安打をマーク。5回に中越え二塁打を放ち、メジャー初のマルチ安打をマークした。7回の好機ではトリプルプレーに倒れる珍事があった。

 24日の開幕戦で完封勝利した右腕ヘンドリックスと対戦した。初回先頭の第1打席は空振り三振に倒れたが、3回2死一塁の第2打席で1番として仕事を果たした。2ボール2ストライクから右前へ打ち返し、同一、二塁に好機を広げた。打球速度は92マイル(約148キロ)。得点にはつながらなかった。

 5回1死一塁では中越えのエンタイトル二塁打を放った。メジャー初のマルチ安打で同1死二、三塁にチャンスを広げた。1死満塁からはスアレスの中前2点打で生還。これがメジャー初得点となった。6回1死では左腕ブラザーズと対戦。厳しい内角球に見逃し三振を倒れた。

 12-5でリードした7回無死満塁では右腕アンダーウッドから三塁線へライナー性の打球を飛ばした。三塁ブライアントが好捕し、三塁ベースを踏んで一塁へ転送。トリプルプレーとなった。

【動画】不運すぎる!? 秋山がトリプルプレーに倒れた実際の映像、三塁手が捕球する前にワンバウンドしているように見えるが…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY