野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

39歳とは思えぬ和田毅の快投 奪三振ショーを生んだ思想「練習を落とす考えない」

ソフトバンクは29日、本拠地PayPayドームで西武と戦い、4-2で快勝して3連勝とした。この日の勝利の立役者は、先発した和田毅投手。序盤から三振の山を築き、7回途中まで2失点と好投して今季3勝目をマークした。

西武戦に先発し、7回途中まで2失点と好投したソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】
西武戦に先発し、7回途中まで2失点と好投したソフトバンク・和田毅【写真:福谷佑介】

和田を支える情熱「今の自分を少しでも日々超えていけたらな、と」

■ソフトバンク 4-2 西武(29日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは29日、本拠地PayPayドームで西武と戦い、4-2で快勝して3連勝とした。この日の勝利の立役者は、先発した和田毅投手。序盤から三振の山を築き、7回途中まで2失点と好投して今季3勝目をマークした。

 初回に2点、2回に1点と序盤で3点のリードをもらった39歳左腕は序盤から飛ばした。「今日は真っ直ぐがすごく良かった」と調子は上々。初回に2つの三振を奪うなど、奪三振ショーを展開した。5回に木村にソロを浴びたものの、6回まで毎回の9奪三振。その全てをストレートで奪った。7回に2点目を失ったところで降板となり、自身4年ぶりとなる2桁奪三振こそ逃したが、圧巻のピッチングだった。

 この日の最速は146キロをマーク。普段は140キロ台前後がほとんどだが、この日は「今日の感じだったら145くらいは出るかなと思いましたね。146はビックリしましたけど」と言うほどに調子が良かった。現在39歳。同級生たち“松坂世代”は今年40歳になる。そんな中で衰え知らずの投球を披露して見せた。

 この投球に目を細めたのが工藤公康監督だ。自身も47歳まで現役を続けた指揮官は「彼の日頃からの練習、取り組み、やっていることがしっかりとボールに現れているのかなと思います。ただ考えれば落ちないのではなくて、きついトレーニングを積み重ねない限り、スピードは落ちていく。自分に厳しくやってきたからこそ、今日のようなピッチングができる」と語る。

 確かに和田の練習量は凄まじい。1月に行われる自主トレでも、若い選手たちがその練習についていけないほど。ひと回り以上、歳が離れた選手たちが悲鳴をあげる中で、ベテラン左腕は何食わぬ顔で練習をする。ランニングメニューを行っても、若い選手たちにヒケを取らないどころか、若手以上に走るのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」