野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷1号一問一答 米騒然の“曲芸打ち”3ランで得た手応え「打撃はいい感じ」

大谷1号一問一答 米騒然の“曲芸打ち”3ランで得た手応え「打撃はいい感じ」

エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地マリナーズ戦で「4番・指名打者」で先発出場した。今季4試合目の打者出場で初の4番スタメン。4回の第2打席で一時逆転となる1号3ランを放った。5打数1安打3打点。チームは救援陣が崩れて、7-10で逆転負けした。大谷が3打点以上を挙げた試合は13勝0敗だったが、その不敗神話もストップした。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「2球目が一番甘かった。ああいう球をしっかり打つべきかなと思います」

■マリナーズ 10-7 エンゼルス(日本時間30日・アナハイム)
 
 エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地マリナーズ戦で「4番・指名打者」で先発出場した。今季4試合目の打者出場で初の4番スタメン。4回の第2打席で一時逆転となる1号3ランを放った。5打数1安打3打点。チームは救援陣が崩れて、7-10で逆転負けした。大谷が3打点以上を挙げた試合は13勝0敗だったが、その不敗神話もストップした。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 今季16打席目で待望の一発が飛び出した。1点を追う4回無死一、二塁。2ストライクから右腕ダンの内角低めカーブをバットに乗せて、一時逆転の3ランとした。右翼席に飛び込む一発は打球速度101マイル(約162.5キロ)、飛距離402フィート(約122.5メートル)、打球角度27度。本塁打は昨年9月11日(同12日)の本拠地インディアンス戦以来322日ぶりだった。

 1試合3打点以上は昨年9月7日の敵地ホワイトソックス戦(5打点)以来の活躍だったが、試合後は自身の打撃を反省。また、打撃復調への手応えを口にした。

――本塁打は追い込まれてから打った。
「来る可能性があるだろうなと思っていましたね。ただ、あんまり(狙い球として)はってはいなかったですね。上がった瞬間は行くなと思いましたね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」