鷹・板東は3被弾のホロ苦プロ初先発 同級生の森友哉に2打席連発浴びる

西武戦に先発したソフトバンク・板東湧梧【写真:福谷佑介】
西武戦に先発したソフトバンク・板東湧梧【写真:福谷佑介】

森は初回に二塁打で出塁すると、3回、5回の打席で2打席連発

■ソフトバンク – 西武(30日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの板東湧梧投手が30日、PayPayドームでの西武戦でプロ初先発し、5回途中5失点でノックアウトされた。同級生の森友哉捕手に2打席連続本塁打を浴びるなど、3被弾。ほろ苦いプロ初先発となった。

 板東の前には昨季のパ・リーグMVPに輝いた同い年の森友哉が立ちはだかった。初回、いきなり左中間を破る二塁打を許すと、山川の左翼線への適時打で先制点を奪われた。3回にはセンターバックスクリーン右の中段付近まで飛ぶ特大のアーチを食らった。

 5回1死二塁で再び森を迎えると、今度は高々と舞い上がり右翼ホームランテラス席へと消える2ラン。板東は2回にもスパンジェンバーグにソロを浴びており3被弾。山川に四球を与えたところで降板を言い渡された。

 代わった泉圭輔投手が後続を封じて更なる失点は与えず。板東は4回1/3を投げて5安打5失点でリードを許しての降板となった。

【動画】ホークス板東も打たれた瞬間に肩を落とす 西武森のバックスクリーン右へ特大の一発

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY