日大三のエース左腕・児玉にプロ3球団視察 5回無失点救援で16強進出

日大三校のプロ注目のエース左腕・児玉悠紀はリリーフ登板だった【写真:佐藤佑輔】
日大三校のプロ注目のエース左腕・児玉悠紀はリリーフ登板だった【写真:佐藤佑輔】

5回無失点の児玉をヤクルト、広島、オリックスら3球団のスカウトが視察

 高校野球西東京大会は31日、府中市民球場で3回戦が行われ、日大三が9-2の7回コールドで富士森を下しベスト16進出を決めた。

 先発の棚原幸投手が3回先頭打者に左前打を浴びピンチを招くと、プロ注目のエース左腕・児玉悠紀投手がリリーフ登板。後続に打たれ1点を失うも最少失点で切り抜けた。児玉はその後も相手打線を封じ、5回無失点と好投した。打線は3回、6番山田和が逆転ソロを放つと、4回には持ち前の猛打爆発で一挙5得点。伝統の強力打線を存分に見せつけた。

 児玉目当てにヤクルト、広島、オリックスら3球団のスカウトが視察。プロの目も光るなか、上々の好リリーフでアピールした。

(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY