野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、2戦連発の2号3ランに米メディア絶賛 「状態は上がっている」「大きく期待」

大谷翔平、2戦連発の2号3ランに米メディア絶賛 「状態は上がっている」「大きく期待」

エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地マリナーズ戦で「5番・DH」で先発出場。9回の第4打席で2号3ランを放った。3試合連続安打、そして2戦連発と調子を上げる二刀流に米メディアも「このシリーズの2本塁打はパワーがどこから出てきているのか分からない」と驚きの声を上げていた。

9回にバックスクリーン左へ2号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
9回にバックスクリーン左へ2号3ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

2戦連発となった2号3ランの打球速度は169キロ、飛距離は122.5メートルをマーク

■マリナーズ 8-5 エンゼルス (日本時間31日・アナハイム)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地マリナーズ戦で「5番・DH」で先発出場。9回の第4打席で2号3ランを放った。3試合連続安打、そして2戦連発と調子を上げる二刀流に米メディアも「このシリーズの2本塁打はパワーがどこから出てきているのか分からない」と驚きの声を上げていた。

 見せ場を作ったのは6点を追う9回だった。1死一、二塁の好機で第4打席を迎えると4番手・右腕・アルタビラと対戦。追い込まれながらも99マイル(約159キロ)の直球を振りぬいた打球はバックスクリーン左へ飛び込む2号3ランとなった。

 軽く振りぬいたスイングだったが、打球速度105マイル(約169キロ)、飛距離402フィート(122.5メートル)をマーク。3試合連続安打に2試合連続ホームランと状態を上げる大谷に米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「打撃の調子が上がっているようだ」と称賛。

 AP通信のグレッグ・ビーチャム記者も「80マイルのカーブを右翼への本塁打とした翌日、99マイルの直球をセンターへの本塁打とした。大きく期待できる」と、前日は変化球、そしてこの日は159キロの直球を捉えたことを評価していた。

 また、ESPNシアトルのダニー・オニール記者は「オオタニのこのシリーズ2本塁打のパワーがどこから出てきているのか分からない。どちらのスイングもそれほどパワフルに見えなかったが、かっ飛ばした」と、大谷の打撃技術に驚きの声を上げていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」