巨人畠、今季初登板初先発も危険球退場 5回1死から會澤に頭部死球、勝利投手の権利目前で

巨人・畠世周【写真:荒川祐史】
巨人・畠世周【写真:荒川祐史】

1点リードのまま4回1/3イニングで降板、會澤はプレー続行で一塁ベースに付く

■巨人 – 広島(31日・東京ドーム)

 巨人の畠世周投手が31日、本拠地での広島戦に今季初登板初先発。5回1死の場面で會澤に頭部死球を与え危険球退場となった。

 畠は4回まで広島打線を1安打1失点に抑える好投。だが1点リードの5回1死走者なしから會澤に投じた2球目の149キロ直球が頭部に直撃。會澤はその場に倒れ込んだが、一度ベンチに戻り治療を受けると、一塁ベースに付きプレーを続行。

 危険球退場となった畠に代わり2番手には鍵谷がマウンドに上がった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY