野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ、6回7K無失点の快投劇を指揮官絶賛「今夜は全く苦労知らずの登板」

ダルビッシュ、6回7K無失点の快投劇を指揮官絶賛「今夜は全く苦労知らずの登板」

カブスのダルビッシュ有投手は7月31日(日本時間8月1日)、本拠地でのパイレーツ戦に先発し、6回を2安打無失点の快投で今季初勝利を挙げた。本来は前日に先発予定だったが、雨天中止によりスライド登板。6回までパイレーツ打線に三塁を踏ませず、7三振を奪う圧倒的な投球に、カブスのデビッド・ロス監督は「今夜は全く苦労知らずの登板だった」と絶賛した。地元紙「シカゴ・トリビューン」が伝えている。

パイレーツ戦に先発し今季初勝利を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
パイレーツ戦に先発し今季初勝利を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

最速157.7キロ、2回1死から打者11人を連続凡退

■カブス 6-3 パイレーツ(日本時間1日・シカゴ)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 カブスのダルビッシュ有投手は7月31日(日本時間8月1日)、本拠地でのパイレーツ戦に先発し、6回を2安打無失点の快投で今季初勝利を挙げた。本来は前日に先発予定だったが、雨天中止によりスライド登板。6回までパイレーツ打線に三塁を踏ませず、7三振を奪う圧倒的な投球に、カブスのデビッド・ロス監督は「今夜は全く苦労知らずの登板だった」と絶賛した。地元紙「シカゴ・トリビューン」が伝えている。

 初回は先頭フレイジャーを歩かせながら牽制で刺して打者3人で締めると、2回は先頭モランに右前打を許したが、ここから圧巻ショーが始まった。続くレイノルズを3球三振に仕留めると、5回2死からタッカーに中堅へ安打を運ばれるまで打者11人を連続凡退。この日は最速98マイル(約157.7キロ)に達するキレのあるツーシームを軸に攻めのピッチングを披露した。

 今季初先発した7月25日(同26日)ブルワーズ戦では4回3失点と冴えなかったが、この日は86球で6回無失点。地元メディアもこぞって「かつての姿を取り戻した」と称える内容でチームを6-3の勝利に導いた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」