野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 最速156キロが突如143キロに… 大谷翔平の球速低下に米懸念「今季登板すると思わない」

最速156キロが突如143キロに… 大谷翔平の球速低下に米懸念「今季登板すると思わない」

エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のアストロズ戦で先発登板した。18年10月の右肘のトミー・ジョン手術後2度目の公式戦登板。初回は8球で無安打無失点に抑えたが、2回は3者連続四球でピンチを招いて2者連続押し出し四球を許した。最速は97.1マイル(約156.2キロ)だったものの、2回途中から球速は140キロ台に低下した。

【画像】最速156キロが一気に140キロ台に…大谷翔平の球速低下が分かるフォーシームの折れ線グラフ

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

【画像】最速156キロが一気に140キロ台に…大谷翔平の球速低下が分かるフォーシームの折れ線グラフ

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」