野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、右腕の違和感でMRI検査へ 復帰2戦目は最速156キロも2回は140キロ台に低下

大谷翔平、右腕の違和感でMRI検査へ 復帰2戦目は最速156キロも2回は140キロ台に低下

エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のアストロズ戦で今季初勝利をかけて先発登板した。18年10月の右肘のトミー・ジョン手術後2度目の公式戦登板は、1回2/3で無安打2失点、5四球3奪三振で勝ち負けは付かなかった。防御率37.80。登板後、大谷は右腕の違和感を訴えてMRI検査を受けるため、病院へ向かった。結果はまだ分かっていない。

アストロズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
アストロズ戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

復帰2戦目は最速156キロのフォーシームが2回途中に140キロ台に落ちた

■アストロズ 6-5 エンゼルス(日本時間3日・アナハイム)

【動画】右腕に違和感を覚えたのは最速156キロを投げた時? エンゼルス番記者が指摘した大谷翔平の反応映像

 エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のアストロズ戦で今季初勝利をかけて先発登板した。18年10月の右肘のトミー・ジョン手術後2度目の公式戦登板は、1回2/3で無安打2失点、5四球3奪三振で勝ち負けは付かなかった。防御率37.80。登板後、大谷は右腕の違和感を訴えてMRI検査を受けるため、病院へ向かった。結果はまだ分かっていない。

 大谷は初回、先頭スプリンガーから空振り三振を奪うなど8球で3者凡退。上々の立ち上がりを見せたが、2回は3者連続四球でピンチを招いて2死から2者連続で押し出し四球を献上した。最速は97.1マイル(約156.2キロ)を計時したものの、2回途中から球速は140キロ台に低下。50球を投げてストライク25球だった。球団は「今日の試合後、ショウヘイは試合後に投球する側の腕(右腕)に違和感を覚えた。そのため我々は彼にMRI検査を受けさせる。まだ結果がわからないので、適宜アップデート情報を共有していく」と発表した。

 693日ぶりに投手復帰した7月26日(同27日)の敵地・アスレチックス戦では1死も取れずに3四球3安打5失点。最速は94.7マイル(約152.4キロ)だった。1日(同2日)のオンライン会見では「ワンアウト取りたいですね」と雪辱を期していた。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」