野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人ウィーラーが最高打率、阪神梅野がトップ8打点…セ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで6月19日に開幕を迎えたプロ野球。7月10日から始まった有観客試合も、5000人を上限としながら、日々、熱戦が繰り広げられている。7月27日から8月2日までの第7週を終えて、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

巨人のゼラス・ウィーラー【写真提供:読売巨人軍】
巨人のゼラス・ウィーラー【写真提供:読売巨人軍】

中日が3勝1敗2分、DeNAが3勝2敗1分と勝ち越した第7週のセ・リーグ

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで6月19日に開幕を迎えたプロ野球。7月10日から始まった有観客試合も、5000人を上限としながら、日々、熱戦が繰り広げられている。7月27日から8月2日までの第7週を終えて、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

【動画】「走塁センス」「ギャップが凄い」と絶賛 ウィーラーがタッチを掻いくぐり左手1本“神生還”の実際の映像

 ここではその7月27日から8月2日までのプロ野球第7週の選手成績を検証し、Full-Count編集部独自に週間ベストナインを選出した。セ・リーグは首位の巨人と2位ヤクルトの差が4ゲーム差になり、巨人が徐々に走り出している。

【セ・リーグ現在の順位表】
→1 巨人 36試合22勝12敗2分
→2 ヤクルト 37試合17勝15敗5分 4.0
↑3 DeNA 38試合18勝18敗2分 1.0
→3 阪神 36試合17勝17敗2分 0
↑5 中日 39試合15勝21敗3分 3.0
↓6 広島 36試合13勝19敗4分 0

【第7週セ・リーグ】
1 中日 3勝1敗2分
2 DeNA 3勝2敗1分
3 巨人 3勝3敗0分
4 ヤクルト 2勝3敗1分
4 阪神 2勝3敗1分
4 広島 2勝3敗1分

 第7週のセ・リーグは中日が3勝1敗2分と2つの勝ち越しと好調で、広島を抜き最下位脱出に成功した。DeNAも1つの勝ち越しで3位タイに浮上。巨人は五分、ヤクルト、阪神、広島の3球団はそれぞれ2勝3敗1分と1つの負け越し。広島は最下位に転落した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」