野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人菅野、勝利への執念“右足ブロック” マウンド復帰にファン「意地とプライド」

巨人の菅野智之投手が4日、甲子園で行われた阪神戦に先発。7回の先頭・梅野の強烈な投ゴロが右足に直撃し一度はベンチに下がるも勝利への執念でマウンドに“復帰”した。

巨人・菅野智之【写真:荒川祐史】
巨人・菅野智之【写真:荒川祐史】

7回先頭の梅野の強烈な打球を右足を出して“ブロック”し投ゴロに仕留める

■阪神 – 巨人(4日・甲子園)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人の菅野智之投手が4日、甲子園で行われた阪神戦に先発。7回の先頭・梅野の強烈な投ゴロが右足に直撃し一度はベンチに下がるも勝利への執念でマウンドに“復帰”した。

 3点のリードで迎えた6回。菅野は1死二塁からサンズに左翼席へ2ランを浴び1点差に迫られる。そして7回のマウンドに上がると先頭・梅野の打球が右足に直撃。すぐさま打球を処理すると一塁へ送球しアウトを奪った。

 苦悶の表情を見せ一度はベンチに引き下がったが、再びマウンドに戻ると木浪を二ゴロ、植田を遊直に仕留めこの回を無失点で凌いだ。

 勝利への執念を見せた菅野の姿を「DAZN」公式ツイッターも「勝利への執念 勝利への気迫 これ以上の点は許さない」とのコメントを添え動画を公開。これにはファンも「意地とプライドと根性を観た」「ナイスプレー」「ジャイアンツのエース」と菅野を称えていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」