野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

代打の切り札から首位打者へ DeNA4番佐野を支えるラミレス監督との“共同作業”

DeNAの佐野恵太内野手が5日、今季打率.353としリーグトップに躍り出た。この日、本拠地・横浜スタジアムで行われた中日戦で、バックスクリーン左の中堅席に叩き込む6号ソロを含め、4打数3安打3打点1四球の固め打ち。昨年まで主に代打として活躍していた佐野を、今季からメジャーリーグに移籍した筒香に代わる新主将&4番に指名したアレックス・ラミレス監督は、してやったりだ。

DeNAのアレックス・ラミレス監督(左)と佐野恵太【写真:荒川祐史】
DeNAのアレックス・ラミレス監督(左)と佐野恵太【写真:荒川祐史】

「キャプテンとはどうあるべきかをアドバイスしている」

■DeNA 8-2 中日(5日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAの佐野恵太内野手が5日、今季打率.353としリーグトップに躍り出た。この日、本拠地・横浜スタジアムで行われた中日戦で、バックスクリーン左の中堅席に叩き込む6号ソロを含め、4打数3安打3打点1四球の固め打ち。昨年まで主に代打として活躍していた佐野を、今季からメジャーリーグに移籍した筒香に代わる新主将&4番に指名したアレックス・ラミレス監督は、してやったりだ。

 プロ4年目の25歳。昨年はスタメンも45試合に上ったが、特に存在感が光ったのはやはり代打で、32打数11安打、打率.344、2本塁打、17打点の勝負強さを誇った。

 それが今季は5日現在、全40試合で4番スタメン。新主将の重責まで背負わせているラミレス監督は「打率トップに立っていることまでは想像していなかったが、彼が持っているものからすれば、驚くほどではない」と事も無げだが、ファンにとっては望外の喜びではないだろうか。

「地位は人を作る」といわれるが、ラミレス監督は佐野に地位を与えただけではない。佐野は「監督には毎日バッティングを教えてもらい、毎日ポジティブな言葉をかけてもらっているおかげで、打てなかった試合の翌日も、精神面で試合に挑む準備ができる」と感謝しきりだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」