野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

東海大菅生が3年ぶりの西東京優勝 若林監督「例年以上に厳しくやってきた」

高校野球西東京大会は7日、ダイワハウススタジアム八王子で決勝戦が行われ、東海大菅生が延長10回、4-3のサヨナラで佼成学園を破り3年ぶりの優勝を果たした。

東海大菅生・若林弘泰監督【写真:荒川祐史】
東海大菅生・若林弘泰監督【写真:荒川祐史】

甲子園中止にも例年通りの強い言葉で選手を鼓舞し続けた

 高校野球西東京大会は7日、ダイワハウススタジアム八王子で決勝戦が行われ、東海大菅生が延長10回、4-3のサヨナラで佼成学園を破り3年ぶりの優勝を果たした。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 東海大菅生は序盤から追いかける苦しい展開。同点とした直後の9回に再度勝ち越しを許すも、その裏2死から1番千田光一郎外野手が執念の同点打を放ち、勝負は延長戦にもつれ込む。

 延長10回には1死二塁から5番堀町沖永外野手が逆転サヨナラ中前打。激闘に終止符を打った。

「甲子園中止が決まっても、決して優しい言葉や態度は出さなかった。例年以上に厳しくやった。よくついてきてくれたと思う」と選手を称えた若林弘泰監督。玉置真虎主将は「苦しいときに強い言葉をかけてもらった。大会中に一丸となれました」と話した。

(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」