野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「それはハンモックではない」ランニング弾を許した左翼手の怠慢プレーに「恥ずかしい」

「それはハンモックではない」ランニング弾を許した左翼手の怠慢プレーに「恥ずかしい」

MLBでまたも珍しいケースのランニング本塁打が飛び出した。6日(日本時間7日)のブルワーズ-Wソックス戦の5回、ブ軍のクリスチャン・イエリッチ外野手の放った打球は高く上がり、左翼線付近に落ちた。Wソックスの左翼、イーロイ・ヒメネスがグラブを出したが、届かず。打球はバウンドし、三塁側スタンドの方へ弾んでいった。

イエリッチの打球を追いかけるWソックスのイーロイ・ヒメネス【写真:AP】
イエリッチの打球を追いかけるWソックスのイーロイ・ヒメネス【写真:AP】

Wソックスのヒメネスがボールを追うも…

■ブルワーズ 8-3 Wソックス(日本時間7日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 MLBでまたも珍しいケースのランニング本塁打が飛び出した。6日(日本時間7日)のブルワーズ-Wソックス戦の5回、ブ軍のクリスチャン・イエリッチ外野手の放った打球は高く上がり、左翼線付近に落ちた。Wソックスの左翼、イーロイ・ヒメネスがグラブを出したが、届かず。打球はバウンドし、三塁側スタンドの方へ弾んでいった。

 しかし、ヒメネスはそのまま三塁側のネットに突っ込んでしまい、そのまま包まり、身動きの取れない状態に。悠々と、イエリッチは本塁へ生還してしまった。前日はDバックスのカルフーンがランニング本塁打を放ったが、その時はフェンスに直撃したボールが予期せぬ方向に転がってしまったが、今回も思わず笑ってしまう“ハプニング”。これにはファンも失望したようで、

「それはハンモックじゃなくてネットだよ。ボールを追いかけろ(笑)」

「いったい君は何をしているんだ」

「僕が投手だったら怒り心頭だね、ありえないよ」

「ただただ愚かだ」

「レフトのエラーでしょ」

「今まで見たなかで一番弱いランニングホームランかもしれない。なんてひどい守備だ」

「12歳でもキャッチできる」

「ヒメネスは怪物だけど、これは全くのコメディだね」

などとコメントが寄せられていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」