野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム渡邉が160キロの直球を“破壊” 西武ギャレット撃ちにファン感涙「熱い対決」

日本ハムは8日、札幌ドームで西武と対戦し4点差をひっくり返し、7-6で勝利した。1点を追う7回2死満塁、日本ハムの渡辺諒内野手が、西武の160キロ右腕、リード・ギャレットとの息詰まる“9球勝負”の末、逆転の2点適時打を放ち、勝負を決めた。ギャレットはその9球の中で162キロという球速を記録した力と力の戦いは渡邉に軍配が上がった。

日本ハム・渡邉諒【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハム・渡邉諒【画像:パーソル パ・リーグTV】

7回2死、1点差の満塁の局面で緊迫した戦い

■日本ハム 7-6 西武(8日・札幌ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 日本ハムは8日、札幌ドームで西武と対戦し4点差をひっくり返し、7-6で勝利した。1点を追う7回2死満塁、日本ハムの渡邉諒内野手が、西武の160キロ右腕、リード・ギャレットとの息詰まる“9球勝負”の末、逆転の2点適時打を放ち、勝負を決めた。ギャレットはその9球の中で162キロという球速を記録した力と力の戦いは渡邉に軍配が上がった。

 渡邉は直球にめっぽう強いため「直球破壊王子」とファンの間では認知されている。一方、ギャレットは160キロを連発する力強い投手で、対戦に注目は集まった。この9球の様子を「パーソル パ・リーグTV」はYouTubeで公開。胸が熱くなる戦いを振り返ることができる。

 視聴したファンからは多くのコメントが寄せられており、「満塁で直球勝負はしびれるなぁ」「160キロ超えを連続でファウルにするだけで痛そう…」「渡辺はもちろん、ギャレットにも拍手」「速球に強い相手に速球だけでごり押す展開好き」「こんな感情剥き出しにしてるの初めて見た」と野球ファンはド迫力の戦いにしびれたようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」