オリオールズ若手右腕の“魔球”にファン衝撃「どうなってんだこりゃ」「ピンポン球だわ」

ナショナルズ戦の9回に登板したオリオールズのミゲル・カストロ【写真:AP】
ナショナルズ戦の9回に登板したオリオールズのミゲル・カストロ【写真:AP】

オリオールズの25歳右腕カストロが衝撃的なスライダーを投じて今季初セーブ

■オリオールズ 5-3 ナショナルズ (日本時間9日・ワシントンDC)

 こんなスライダー打てっこない? オリオールズのミゲル・カストロ投手は8日(日本時間9日)、敵地ナショナルズ戦で9回から救援登板して今季初セーブを挙げた。大リーグ公式ツイッターは25歳右腕の決め球スライダーに注目。ファンからは、えげつないスライダーに衝撃の声があがっている。

 MLB公式ツイッターが注目したのは9回2死二塁。1ボール2ストライクからの4球目だ。カストロがターナーに投じた85.9マイル(約138.2キロ)のスライダーはストライクゾーンから外角低めへ急激に曲がり、ターナーのバットは空を切った。ファンからは多くのコメントが寄せられた。

「ピンポン球だわこれ」

「どうなってんだこりゃ」

「信じられない」

「そりゃキモいわ」

「元広島 林昌樹のスライダーを彷彿とさせる曲がり方」

「マジか、エグいな」

「エグっ!」

「エグいスライダー」

「曲がりのキレがすげえ」

 カストロは15年にブルージェイズでメジャーデビュー。今季はここまで7試合登板し、0勝0敗1セーブ、2ホールド。計7回1/3を投げ、防御率0.00の抜群の安定感を見せている。ブレークが期待される25歳右腕。次はどんなスライダーを見せてくれるのだろうか。

【動画】「ピンポン球だわこれ」とファンが衝撃を受けたオリオールズ・カストロの激曲がりスライダー映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY