野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • エ軍有望株アデルが“本塁打プレゼント”の珍プレー 指揮官は嘆き節「恥ずかしい」

エ軍有望株アデルが“本塁打プレゼント”の珍プレー 指揮官は嘆き節「恥ずかしい」

エンゼルスの若手有望株、ジョー・アデル外野手が9日(日本時間10日)、敵地のレンジャーズ戦で「7番・右翼」で先発出場。5回守備中に平凡なフライを“本塁打”としてしまう珍プレーを犯した。

“本塁打アシスト”をしてしまい呆然とするエンゼルスのジョー・アデル【写真:Getty Images】
“本塁打アシスト”をしてしまい呆然とするエンゼルスのジョー・アデル【写真:Getty Images】

アデルは5回2死の守備でソラックの平凡な右飛をグラブで弾いて“右越えソロ”とした

■レンジャーズ 7-3 エンゼルス(日本時間10日・アーリントン)

【動画】3アウトチェンジのはずが… エンゼルス有望株アデルが犯した衝撃的な珍プレー映像

 エンゼルスの若手有望株、ジョー・アデル外野手が9日(日本時間10日)、敵地のレンジャーズ戦で「7番・右翼」で先発出場。5回守備中に平凡なフライを“本塁打”としてしまう珍プレーを犯した。ジョー・マドン監督は「彼はボールを追いかけている時に(足が)もつれたようだ。キャッチするときにボールを押してしまった。一緒に改善に取り組んでいく必要がある。彼自身がよりつらく思っているだろう。つらいことだが、それは恥ずかしいプレーだ」と嘆いた。

 2-5で迎えた5回2死の守備だった。ソラックの打球は右翼後方へ。右翼・アデルは悠々と落下点に入ったが、打球をグラブで弾いてしまった。ボールは右翼フェンスを越えて、まさかのスタンドイン。記録はエラーだが、“ソロ本塁打”をプレゼントしてしまった。その場で頭を抱えるしかないアデル。マドン監督は「彼はまだ発展途上だ。これから良くなっているだろう」としたが、ダメ押し点を許す珍プレーとなってしまった。

 打席では4打数無安打4三振。大リーグ公式サイトの若手有望株ランキングで6位に入っているエンゼルス期待の21歳だが、この日は攻守で精細を欠いた。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」