秋山翔吾、158キロ右前打で4試合連続安打 対左投手メジャー初安打もチーム大敗

レッズ・秋山翔吾【写真:AP】
レッズ・秋山翔吾【写真:AP】

5回に左腕スーターから右前打を放った、打率.238

■ブルワーズ 9-3 レッズ(日本時間10日・ミルウォーキー)

 レッズの秋山翔吾外野手は9日(日本時間10日)、敵地のブルワーズ戦で「1番・左翼」で先発出場した。5回の第3打席で右前打を放ち、4試合連続安打をマークした。4打数1安打3三振1死球で打率.238。2連勝中だったチームは3-9で大敗し、連勝は2でストップした。

 課題の左腕から快音を飛ばした。1点リードの5回1死。2番手左腕スーターからライナーで右前へ打ち返した。対左投手からは5打席目でメジャー初安打となった。打球速度は98マイル(約157.7キロ)だった。

 初回先頭、2回2死一塁は2打席連続で空振り三振。7回2死は見逃し三振に倒れ、9回は死球だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY