野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大乱闘の発端は母親への侮辱発言か? 禁止されている両軍総出の騒動舞台裏

大乱闘の発端は母親への侮辱発言か? 禁止されている両軍総出の騒動舞台裏

今年の大リーグは「乱闘禁止」なのに……。9日(日本時間10日)にオークランドで行われたアスレチックス-アストロズ戦で乱闘が起き、アスレチックスのラモン・ラウレアーノ外野手とオースティン・アレン捕手が退場処分を受けた。大リーグ公式サイトは両軍の監督、選手たちのコメントを交えて乱闘騒動を伝えている。

アスレチックス-アストロズ戦で今シーズン初の乱闘が勃発【写真:AP】
アスレチックス-アストロズ戦で今シーズン初の乱闘が勃発【写真:AP】

大リーグ公式サイトは両軍監督、選手たちのコメントを交えて乱闘を伝えた

■アスレチック 7-2 アストロズ(日本時間10日・オークランド)

【動画】乱闘禁止も関係なし? アスレチックス-アストロズ戦で起きた今季初乱闘騒動の一部始終

 今年の大リーグは「乱闘禁止」なのに……。9日(日本時間10日)にオークランドで行われたアスレチックス-アストロズ戦で乱闘が起き、アスレチックスのラモン・ラウレアーノ外野手とオースティン・アレン捕手が退場処分を受けた。大リーグ公式サイトは両軍の監督、選手たちのコメントを交えて乱闘騒動を伝えている。

 乱闘が勃発したのはアスレチックス攻撃中の7回1死だ。ラウレアーノの背中に4番手の新人右腕カステヤノスのすっぽ抜けカーブが直撃。その瞬間からラウレアーノは怒り心頭だ。アストロズ捕手のマルドナードや審判団に制止されながらも身振り手振りで文句を付けると、一塁ベース付近からアストロズ側の一塁ベンチのシントロン打撃コーチへ突進。一塁ベンチ前に両軍が集結して取っ組み合いの騒動となった。

 なぜ禁止されているはずの乱闘は起きたのか。ネクストで控えていたアスレチックスのオルソンは「誰かが彼(ラウレアーノ)に『ダグアウトに来い』と言ったんだ。数多くの言葉が行き交っていた。正確になんて言われているのか、何が問題だったのかまでは分からないけど」と証言。米セントルイス・ポスト・ディスパッチ紙でコラムニストを務めたホセ・オルティズ記者のツイッターによると、アストロズのシントロン打撃コーチがラウレアーノの母親を侮辱する発言をしたという。アストロズのベイカー監督は「みんなから怒りをコントロールするように求められるし、そうすべきだが、時には激情を制しきれなくなることもある」と振り返っている。

 ラウレアーノは今季5死球。うち3死球はアストロズ戦で、この日の5回にも死球を受けていた。アスレチックス時代にチームメートで、ラウレアーノにタックルをして乱闘を止めたアストロズのガノウ捕手は「起こったことは、いい状況ではなかった。私は確かにそれが起こるのを避けられていたら、と思う。少なくとも、全てが手に負えなくなる前に力づくで止める以外に何をすべきか分からなかった」と振り返った。

 今季は新型コロナウイルス感染防止のための「乱闘禁止」は開幕前に各球団へ通達されている。アスレチックスのメルビン監督は出場停止処分が科されることを覚悟しているという。「私たちは理解している」「もちろん、私たちはこんなケンカに突入したくなどなかった。私たちはプロトコルは理解している。残念ながら、起こってしまったことだ。私たちはみんな分かっている。私たちは話し合った。みんなここで何が危うくなっているのか分かっている」と話した。試合はアスレチックスが7-2でアストロズを下して9連勝。地区首位を快走しているが、後味の悪い一戦となったのは確かだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」