野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

滞空時間は約7秒! 鷹・柳田が高々と13号2ラン、オリ山本の152キロ粉砕

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が高々と舞い上がる滞空時間の長い一発を放った。11日、本拠地PayPayドームでのオリックス戦。2回にオリックス先発の山本由伸投手から中堅右のホームランテラス席へ飛び込む13号2ランを放った。

13号2ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
13号2ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

山本のボールを弾き返した打球は長い滞空時間の末にテラス席へ

■ソフトバンク – オリックス(11日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が高々と舞い上がる滞空時間の長い一発を放った。11日、本拠地PayPayドームでのオリックス戦。2回にオリックス先発の山本由伸投手から中堅右のホームランテラス席へ飛び込む13号2ランを放った。

 滞空時間の長い一発が飛び出した。3点リードの2回だった。右前安打で出塁し、盗塁を決めた周東を二塁に置き、柳田が驚きの一打を放った。山本が投じた152キロのストレートを弾き返すと、打球は高く舞い上がった。

 打球はなかなか落ちてこず、約7秒という長い滞空時間の末にバックスクリーン右のホームランテラス席へ。この日、6月30日の日本ハム戦以来となる「2番」で起用された柳田の13号2ランでソフトバンクがリードを5点に広げた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」