野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「奇跡のようなホームラン」鷹・工藤監督も柳田の右手1本逆転3ランに驚き隠せず

ソフトバンクは11日、本拠地PayPayドームでオリックスと対戦し、8-7で逆転勝ちした。リードを許した6回に柳田が右手一本で右翼ホームランテラス席に運ぶ14号3ランを放って試合をひっくり返して勝利。試合後、工藤公康監督も「奇跡のようなホームランを打ってくれた。彼にしか打てない。あの球を打つのも凄いし、(スタンドに)入ることも凄い」と脱帽の一発だった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

「彼にしか打てない。あの球を打つのも凄いし、入ることも凄い」

■ソフトバンク 8-7 オリックス(11日・PayPayドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクは11日、本拠地PayPayドームでオリックスと対戦し、8-7で逆転勝ちした。リードを許した6回に柳田が右手一本で右翼ホームランテラス席に運ぶ14号3ランを放って試合をひっくり返して勝利。試合後、工藤公康監督も「奇跡のようなホームランを打ってくれた。彼にしか打てない。あの球を打つのも凄いし、(スタンドに)入ることも凄い」と脱帽の一発だった。

 この日は2番に柳田、3番に中村晃、そして4番には栗原を据えるオーダーを組んだ。初回に、柳田が右前安打で出塁し、中村晃が2ランを放つなどいきなり3点を先制。2回には柳田が13号2ランを放ち、オリックス先発の山本から幸先よく5点のリードを奪った。

 先発の千賀は4回まで無失点だったが、5回に突如として乱れた。二塁手の川瀬の2つの失策もあって満塁のピンチを招くと、吉田正のタイムリーなどで2点を返され、さらにT-岡田には逆転の満塁弾を被弾した。一挙に6点を奪われて試合をひっくり返された。

 この窮地を救ったのが柳田だった。6回、逆転に繋がる2つのエラーを犯した川瀬が四球を選んで出塁すると、松田宣も四球で続く。2死一、二塁で打席にたった柳田は左腕・齊藤綱が投じたスライダーを、泳ぎながらも右手一本で捉えた。ヘルメットが脱げながら、右手一本のフォロースルーで弾き返した打球は右翼ホームランテラス席へ。1試合2本塁打、キングに並ぶ14号の逆転3ランが決勝打となった。

 試合後の指揮官も「(打った時は)オッと思いましたけど、泳いでいたのも見えていたのでフェンスギリギリか、フェンス直撃かな、と。本当に凄いなと思います。あれだけ泳がされて、というのは彼しかできない」と驚愕。逆転勝ちに工藤監督は「今日は是が非にでも取りたかった」と喜んでいた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」