乱闘引き金の“侮辱発言”コーチが厳罰20試合出場停止で謝罪「言ってないが不適切」

10日にアスレチックス-アストロズ戦で今シーズン初の乱闘が勃発した【写真:AP】
10日にアスレチックス-アストロズ戦で今シーズン初の乱闘が勃発した【写真:AP】

アスレチックス・ラウレアーノは6試合の出場停止処分も異議申し立て

 大リーグ機構は11日(日本時間12日)、9日(同10日)にオークランドで行われたアスレチックス-アストロズ戦で乱闘を引き起こしたアストロズのアレックス・シントロン打撃コーチを20試合、アスレチックスのラモン・ラウレアーノ外野手を6試合の出場停止処分を科すと発表した。

 乱闘が起きたのはアスレチックス攻撃中の7回1死だった。ラウレアーノの背中に4番手の新人右腕カステヤノスのすっぽ抜けカーブが直撃。2打席連続死球のラウレアーノは怒り心頭だ。一塁ベース付近から一塁ベンチで挑発するような行為を見せていたアストロズ・シントロン打撃コーチへ突進。その後は一塁ベンチ前に両軍が集結して取っ組み合いの乱闘となった。

 これまでに複数の米メディアは、シントロン打撃コーチがラウレアーノの母親を侮辱する発言をしたと伝えている。シントロン打撃コーチは「私は出場停止処分を受け入れて学びます。ラモンの母親について言ってないが、私の行動は不適切でした。謝罪します。選手の手本になるはずです。うまくいけば、他のコーチが間違いから学び、今後2度と起こらないようにする」と声明を出した。

 大リーグでは今季、新型コロナウイルス対策として乱闘が禁止されている。シントロン打撃コーチは異議申し立てができないため、処分は11日(同12日)の本拠地アストロズ戦から。9月2日の本拠地レンジャーズ戦で復帰できる。ラウレアーノは異議を申し立てたという。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY