野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 大谷翔平の驚異の本塁打量産ペースとは? 最多の松井秀氏を遥かに凌駕しトラウトに匹敵

大谷翔平の驚異の本塁打量産ペースとは? 最多の松井秀氏を遥かに凌駕しトラウトに匹敵

10日(日本時間11日)に行われた本拠地アスレチックス戦で4号同点2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平投手。「5番・指名打者」で先発出場すると、2点ビハインドの6回1死一塁で右腕のトリビーノの初球をバックスクリーン右へと運んだ。これがメジャー通算44本目のアーチ。日本人通算本塁打で4位の井口資仁氏(現ロッテ監督)に並び、3位の城島健司氏(現ソフトバンク会長付き特別アドバイザー)の48本にも4本差と迫った。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

日本人通算600号の本塁打を放った大谷だが、そのペースは群を抜く5試合、17.16打数に1本

 10日(日本時間11日)に行われた本拠地アスレチックス戦で4号同点2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平投手。「5番・指名打者」で先発出場すると、2点ビハインドの6回1死一塁で右腕のトリビーノの初球をバックスクリーン右へと運んだ。これがメジャー通算44本目のアーチ。日本人通算本塁打で4位の井口資仁氏(現ロッテ監督)に並び、3位の城島健司氏(現ソフトバンク会長付き特別アドバイザー)の48本にも4本差と迫った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 そして、この大谷の本塁打は日本人メジャーリーガーが放った通算600本目のメモリアル弾にもなった。1998年4月28日のブルワーズ戦で、当時ドジャースに在籍した野茂英雄投手が日本人としてメジャー初本塁打を放ち、そこから22年で日本人通算600本に到達した。

 最多はヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏で175本塁打。続いてマリナーズなどで3089安打を放ったイチロー氏(現マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)が117本で続き、城島健司氏の48本、大谷と井口氏の44本と続く。ただ、その本塁打の量産ペースは、大谷が群を抜いている。

 日本人最多となる175本塁打を放っている松井秀氏は1236試合、4442打数で175発。1本の本塁打を打つのに7.06試合、25.38打数を要した計算になる。2位のイチロー氏は日本人最多の2653試合、9934打数で117発。1本の本塁打が出るまでには22.68試合、84.91打数かかる計算となる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」