野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

OB藪恵壹氏が指摘する「8回ガンケル」の脆弱性 外国人起用問題で機能しない日も

阪神は11日、敵地でのDeNA戦に9-2で勝利した。8回まで2点差の接戦だったが、9回に阪神打線が一挙5点を奪う攻撃で勝利を確実なものとした。連敗を逃れた阪神だが、ブルペン陣の危うさに警鐘を鳴らす人がいる。阪神OBの藪恵壹氏だ。

阪神・矢野燿大監督【写真:津高良和】
阪神・矢野燿大監督【写真:津高良和】

外国人枠は5人に増加もベンチ入りは4人まで、サンズとボーアは外せず…

■阪神 9-2 DeNA(11日・横浜)

 阪神は11日、敵地でのDeNA戦に9-2で勝利した。8回まで2点差の接戦だったが、9回に阪神打線が一挙5点を奪う攻撃で勝利を確実なものとした。連敗を逃れた阪神だが、ブルペン陣の危うさに警鐘を鳴らす人がいる。阪神OBの藪恵壹氏だ。

「3点リードの8回で、勝ちパターンの藤川(球児)投手を使うことができなかった。前日に1点を追う展開で登板させ、1失点してしまったからです」

 守護神として開幕を迎えた藤川だが、不調が続いたため、スアレスにその座を譲った。ガンケルとともに7回、8回を任されるようになったが、最近ではガンケルが8回のセットアッパーとして固定されてきた。藪氏は「8回と9回を固定することはいいこと」と評価する。

 だが同時に、今年のチーム事情では外国人投手をセットアッパーとクローザーで起用するリスクの高さも指摘する。

「今年は外国人枠が5人ですが、ベンチ入りできるのは4人だけ。現状を見ると、打線ではサンズとボーアの2人は欠かせない。そして先発にはガルシアがいる。ガンケル、スアレスと合わせて、上手く起用していかなければいけません。打者2人は外せないし、守護神は絶対。となれば、ガルシアが先発する日はガンケルがベンチを外れるため、セットアッパーがいなくなってしまいます」

 まさに、この日がそのパターンだったわけだが、本来ならガンケルの代わりに藤川を起用すれば済んだはず。だが、前日投げていた影響からか、藤川ではなく馬場皐輔投手がマウンドに上がった。

「本当は前日の1点を追う場面でガンケルに投げさせるべきだった。そうすれば、今日は必然的にベンチ外となるのだから休むことができます。さらに、今日の藤川投手を使うことができたというわけです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」