野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、今季最多の66球&4回5安打2失点でシーズン初勝利お預け ヤ軍は2連勝

田中将大、今季最多の66球&4回5安打2失点でシーズン初勝利お預け ヤ軍は2連勝

ヤンキースの田中将大投手が12日(日本時間13日)、本拠地ブレーブス戦で今季3試合目の先発登板。今シーズン初被弾を浴びるなど4回5安打2失点で降板し今季初勝利はお預けとなった。チームは6-3で勝利し連勝。

ブレーブス戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:AP】
ブレーブス戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:AP】

2回にカマルゴに今季初被弾となる2ランを浴びるも粘りの投球で4回2失点

■ヤンキース 6-3 ブレーブス(日本時間13日・ニューヨーク)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ヤンキースの田中将大投手が12日(日本時間13日)、本拠地ブレーブス戦で今季3試合目の先発登板。今シーズン初被弾を浴びるなど4回5安打2失点で降板し今季初勝利はお預けとなった。チームは6-3で勝利し連勝。

 粘りの投球も今季初勝利はまたもお預けとなった。田中は初回。先頭のスワンソンに左前打を浴びたが、続くダーノーを中堅、フリーマンを一邪飛、4番のオズナを85.5マイル(約138キロ)のスライダーで空振り三振に仕留め無失点。

 2回は1死からマーケーキスに右前打を浴びると、続くカマルゴに91マイル(約146キロ)の直球を弾き返され、今シーズン初被弾となる右翼席へ2ランを浴び2点を失った。

 3回は2死からフリーマン、オズナに連続四球、デュバルに二塁内野安打を浴び満塁のピンチを招いたがマーケイキスを一ゴロに抑える。4回も1死からライリーに左前打を浴びたがインシアルテを一直、スワンソンを三ゴロに抑え無失点で切り抜ける力投。今季最多の66球を投げ4回で降板となった。

 打線は同点の4回に1死二塁からヒックスが左中間へタイムリー二塁打、トーレスの右前タイムリーで2点を加え勝ち越しに成功。5回にも2本のタイムリーで2点を追加した。

 前回登板の7日のレイズ戦では5回1安打無失点、5奪三振、無四球と圧巻の投球。この日は4回で降板となったが粘りの投球を見せただけに次回登板では今季初勝利に期待がかかる。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」