野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

チェンジアップが武器のDeNA浜口に「もっとカーブを」 専門家が指摘する配球面

DeNAは12日、本拠地の横浜スタジアムで阪神に6-7で逆転負けを喫した。先発の浜口遥大投手が2者連続本塁打を浴びるなど4回8安打6失点と誤算。直球は140キロ前半にとどまり、代名詞のチェンジアップも高めに浮いて痛打された。本調子に遠いことは誰の目から見ても明らかだった。

DeNA・浜口遥大【写真:荒川祐史】
DeNA・浜口遥大【写真:荒川祐史】

140キロ前半止まりの直球「腕を振って投げなきゃチェンジアップも生きてこない」

■阪神 7-6 DeNA(12日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAは12日、本拠地の横浜スタジアムで阪神に6-7で逆転負けを喫した。先発の浜口遥大投手が2者連続本塁打を浴びるなど4回8安打6失点と誤算。直球は140キロ前半にとどまり、代名詞のチェンジアップも高めに浮いて痛打された。本調子に遠いことは誰の目から見ても明らかだった。

 最大の武器であるはずの球を、ことごくスタンドに運ばれた。1点リードの4回2死一、二塁。中谷将大外野手に1ボールから投じたチェンジアップをとらえられ、逆転3ランを被弾。続くジェリー・サンズ外野手にも高めのチェンジアップを左翼スタンド中段まで持っていかれた。

「浜口と言ったら、やっぱりチェンジアップ」。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、2018年までヤクルトで2年間、バッテリコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏もそう言う。この日は立ち上がりから投げる場面は少なかったため、制球に不安があったと推察するが、根本的な原因は他にあるとみる。

「真っ直ぐが全然きていない。本来なら140キロ後半は出るはずなのに、140キロ前半止まりでした。スピードが出ていないのは、腕がしっかり触れていないということ。しっかり腕を振って投げなきゃチェンジアップも生きてこないし、高めに浮くんだと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」