野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

実況も「すごい球が返ってきた」と賛辞 強肩だからできる日ハム大田の“高速送球”

日本ハムの大田泰示外野手が12日のロッテ戦(ZOZOマリン)で見せた華麗な右翼守備が話題となっている。鮮やかなスライディングキャッチも見事だが、注目したいのが強肩&正確なスローイングだ。4-1の3点リードの5回1死一、三塁。井上が打ち上げた右邪飛を捕球すると、そこから小さなステップで本塁へ送球。タッチアップで本塁を狙った三塁走者のマーティンを刺した。本塁手前でバウンドはしたが、実況も「すごい球が返ってきました」と表現した。

ロッテ戦で好守備を見せた日本ハム・大田泰示【画像:パーソル パ・リーグTV】
ロッテ戦で好守備を見せた日本ハム・大田泰示【画像:パーソル パ・リーグTV】

元巨人コンビが好プレー、大田が小さなステップから強肩スロー→宇佐見がショートバウンド捕球

■日本ハム 12-4 ロッテ(12日・ZOZOマリン)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの大田泰示外野手が12日のロッテ戦(ZOZOマリン)で見せた華麗な右翼守備が話題となっている。鮮やかなスライディングキャッチも見事だが、注目したいのが強肩&正確なスローイングだ。4-1の3点リードの5回1死一、三塁。井上が打ち上げた右邪飛を捕球すると、そこから小さなステップで本塁へ送球。タッチアップで本塁を狙った三塁走者のマーティンを刺した。本塁手前でバウンドはしたが、実況も「すごい球が返ってきました」と表現した。

 打撃や走塁だけじゃなく、守備でも安定感がある。これまでも何度も外野守備の好プレーで投手をバックアップ。この日も堅実かつ、アグレッシブなプレーでファンを沸かせた。その様子を「パーソル パ・リーグTV」でも紹介するとコメントでは賛辞の嵐だ。ファンも「大田は守備の総合力は普通に12球団でもトップクラスだと思う」「今年はゴールデングラブほぼ確定やな」「太田肩強くて守備範囲広くて最高やん」との声も。また、こちらも元巨人の捕手・宇佐見がショートバウンドをうまくキャッチしているのも見逃せない。守備でファンを沸かせるプレーだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」