野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 誰が打てる? 不可思議な161キロの動く“魔球”にファン「最高レベルにエグイ」

誰が打てる? 不可思議な161キロの動く“魔球”にファン「最高レベルにエグイ」

驚愕の動く100マイル(約161キロ)がまたしても米で話題を呼んでいる。ドジャースの右腕、ブラスダー・グラテロルが12日(日本時間13日)のパドレス戦の8回2死二塁の場面で、マニー・マチャドに対して投じたシンカーが100マイルを計測。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のエ軍番記者は動画付きで紹介すると「笑 打つのは不可能」とツイート。ファンも「最高レベルにエグい球だ」と度肝を抜かれている。

ドジャースのブラスダー・グラテロル【写真:Getty Images】
ドジャースのブラスダー・グラテロル【写真:Getty Images】

ドジャースのグラテロルが投じたシンカーが意味不明な変化

■ドジャース 6-0 パドレス (日本時間13日・ロサンゼルス)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 驚愕の動く100マイル(約161キロ)がまたしても米で話題を呼んでいる。ドジャースの右腕、ブラスダー・グラテロルが12日(日本時間13日)のパドレス戦の8回2死二塁の場面で、マニー・マチャドに対して投じたシンカーが100マイルを計測。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のエ軍番記者は動画付きで紹介すると「笑 打つのは不可能」とツイート。ファンも「最高レベルにエグい球だ」と度肝を抜かれている。

 昨季ツインズでプレーしていたグラテロルは、当時も160キロ超えのシンカーで米で話題を集めた若手右腕。12日のグラテロルの投球に注目したファビアン・アルダヤ記者が投稿したツイートにはファンも次々に反応した。「マジかよ」「グラテロルは今後何度もCY賞を獲るよ」「こりゃあ、とにかくキモいわ」と不可思議に微妙に動く変化に“鳥肌もの”だった。マチャドに対して、その後、90マイル(約145キロ)のスライダーで空振り三振。鮮やかなコンビネーションを披露。こんな完璧な組み立てをされれば、なかなか打つことは難しいだろう。

 ファンの中には「なぜツインズはこの男をトレードしたんだ」という疑問の声も挙がっていた。また、この動画には目の肥えた米メディアの記者たちも反応し、米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」のカイル・グレイサー氏は「エグい」とするなど、今後もこの投手から目が離せない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」