野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、育成同期コンビで4連勝&最多貯金8 大竹が今季初先発初勝利&周東が決勝打

ソフトバンクは13日、本拠地PayPayドームでオリックスと戦い、3-1で競り勝った。2回に今宮が同点の5号ソロを放つと、周東が勝ち越しの適時打を放ちこれが決勝打。今季初先発の大竹が6回途中5安打1失点の好投で初勝利をマークした。ソフトバンクは4連勝で貯金を今季最多の8とした。

ソフトバンク・周東佑京(左)と大竹耕太郎【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・周東佑京(左)と大竹耕太郎【写真:藤浦一都】

今季初先発となった大竹は6回途中1失点の好投で初勝利

■ソフトバンク 3-1 オリックス(13日・PayPayドーム)
 
 ソフトバンクは13日、本拠地PayPayドームでオリックスと戦い、3-1で競り勝った。2回に今宮が同点の5号ソロを放つと、周東が勝ち越しの適時打を放ちこれが決勝打。今季初先発の大竹が6回途中5安打1失点の好投で初勝利をマークした。ソフトバンクは4連勝で貯金を今季最多の8とした。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1点ビハインドの2回だった。先頭の今宮がオリックス先発の張奕から左翼スタンドへ同点の5号ソロ。さらに四球で出塁した甲斐を一塁に置き、1番の周東が右中間を破る適時三塁打を放ち勝ち越した。5回には中村晃、栗原、明石の3連打で1点を加えた。

 今季初先発となった大竹は初回、山足に先頭打者本塁打を浴びたものの、2回以降はテンポ良く凡打の山を築いていった。4回2死二、三塁のピンチも若月を空振り三振に。2イニングを投げた8月9日のウエスタン・リーグ中日戦から中3日での先発だったこともあり、6回2死二塁で降板となったが、リリーフ陣がリードを守り抜いた。

 今季初勝利となった大竹と、決勝打の周東は2017年の育成ドラフトで入団した大卒育成同期。育成出身の2人の活躍でソフトバンクは連勝を4に伸ばし、貯金は今季最多の8に。今季のオリックス戦は6連勝となり、8勝1敗と白星を稼いでいる。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」