野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「マグレなんです」鷹・柳田、驚愕3ランの真相 内角球は「頭に全くなかった」

ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームでオリックスと対戦し、4-1で競り勝った。同点で迎えた8回2死一、二塁で柳田が値千金の勝ち越し15号3ラン。内角のボール球を捉えてスタンドまで運ぶ驚愕の一撃で接戦にケリをつけた。

勝ち越し3ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
勝ち越し3ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

内角もボール球を右翼スタンドまで運ぶ驚きの3ランを放った柳田

■ソフトバンク 4-1 オリックス(14日・PayPayドーム)

【動画】球団公式も「バケモン…」と驚愕 鷹・柳田の15号勝ち越し3ランはまたまた驚愕“技あり”弾!

 ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームでオリックスと対戦し、4-1で競り勝った。同点で迎えた8回2死一、二塁で柳田が値千金の勝ち越し15号3ラン。内角のボール球を捉えてスタンドまで運ぶ驚愕の一撃で接戦にケリをつけた。

 球場中が度肝を抜かれる一撃だった。同点で迎えた8回1死一、二塁の絶好機。打席に入った柳田が驚弾を放った。2ボール2ストライクからの5球目。オリックス先発・山崎福が投じたのは内角、体に当たりそうな厳しいボールだった。これに対して柳田はバットを一閃。快音を残した打球は切れることなく右翼スタンド中段に飛び込んだ。

 試合後、柳田は一言「まぐれなんですけどね、マジでまぐれなんですけど」と笑う。この打席、オリックスバッテリーは徹底してアウトコースを突いてきた。カーブ、ストレート、チェンジアップと外角に集め、際どいコースでストライクを取られていた。柳田の意識はもちろん外にあった。

 だが、5球目、オリックスバッテリーは一転してインコースに真っ直ぐを投じてきた。「(内角は)頭に全くなかったです」という。ただ、そのボールに柳田は対応した。腕を畳み、バットを振り抜くと、快音を残した打球はスタンドへと消えていった。

 まさに反応だった言うから驚くしかない衝撃の一発には工藤公康監督も「あれを本塁打にできる打者は彼だけだと思います」とただただ絶賛。15号3ランでキングトップに並んでも、数字には興味を示さない。「チームのためにいいバッティングができた。それだけで満足です」。チームのために結果を残す主砲・柳田。頼もしいの一言に尽きる。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」