野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンク工藤監督、柳田の15号V3ランを絶賛 「神がかったホームラン」

ソフトバンクは14日、本拠地でのオリックス戦で柳田悠岐外野手の劇的な15号3ランで5連勝を飾った。試合後、工藤公康監督は、柳田が放った決勝アーチの凄さに終始した。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

「インサイドの厳しいところをホームランできるのは彼だけじゃないかと」

■ソフトバンク 4-1 オリックス(14日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは14日、本拠地でのオリックス戦で柳田悠岐外野手の劇的な15号3ランで5連勝を飾った。試合後、工藤公康監督は、柳田が放った決勝アーチの凄さに終始した。

 工藤監督は「神がかったホームラン。あのインサイドの厳しいところをホームランにできるのは彼だけじゃないかと思うくらい素晴らしいホームランでした」と、主砲の技術の高さを絶賛。さらに「なぜあれが打てるのかって? うん、うん、うん、僕には分かりません。彼にしか分からないんじゃないですか」と笑った。

 決勝アーチの前には明石、上林が四球を選びヒーローをお膳立て。指揮官は「(山崎福は)遅いボールを勇気を持って投げる投手で、なかなかボールも絞れなかった。そこまで四球もなかった中で、8回は明石君と上林君が四球を取って、柳田君がよく決めてくれたと思います」と称えた。

 この劇的なドラマが生まれる前に、工藤監督の中で1つの迷いがあった。

 明石が四球で歩き、甲斐の犠打で進塁。そこで不調に苦しむ松田宣に打席が回った時、指揮官は「タイミングがあってなかったので代打も考えた」という。それでも「万が一、松田君と上林君で終わってとしても、(9回は)柳田君から始まる。守りも考えたら(代打策は)やめておこうとなりました」という。結果的に上林が四球を選んで“柳田劇場”へとつながっていく。

 柳田の2番起用については「先制点が欲しくて2番に置いていますが、もう少し続くと思います」とし「柳田君でチャンスが回るためには8番、9番、1番がもう少し出塁率を上げていくことが大事になると思います」と下位打線の奮起にも期待を寄せていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」